スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎなしゃもじ ~紙芝居~

2013-01-21 (Mon) 12:48[ 編集 ]
3学期、5歳さんの読み聞かせで読みました。



おばあさんが
おだんごをこしらえるのですが、
ころころころがって、
お地蔵さまのところへ。

なんとお地蔵さま、そのおだんご食べちゃいます!
そこへ、鬼がやってきて
めしたきをする人がいなくなったから
ちょうどいい!とおばあさんを
連れて行きます。

そこで、
おばあさんは
ひとかき一万倍に増えるしゃもじをもらい、
日々、めしたきをするのですが、
家にかえりたくなり、
しゃもじをもったまま、逃げ出します。

舟で川をわたるとき、
鬼がおいついてきて、
川の水をのみほそうとするのですが、
しゃもじで
「ひとかき、いちまんばい!」とかくと
水があふれてきて
にげきることができました。

しゃもじをもってきたことにきづきますが、
お地蔵さんにもらっておいたらいいよといわれ
村に持って帰り、
みんなでお腹いっぱい食べました


      


という

ほのぼのした部分があったり、
ドキドキするところがあったりと
昔話の楽しい部分がいっぱいつまったお話です。

私としては
お地蔵さま、おだんご食べちゃう!?という
ところにビックリ

絵もお話もとてもよかったです

子どもたちもすごくひきつけられていました

家で何度か練習したのですが、
息子も一緒に
「ひとかき、一万倍、一万倍!」と
いってました

掛け声もリズムがいいので、子どもたちもひきこまれるのでしょうね~





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelovepicturebooks.blog92.fc2.com/tb.php/97-9307a75f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。