2013年01月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さかさのこもりくんとこふくちゃん

2013-01-21 (Mon) 13:15[ 編集 ]
これも、3学期5歳さんのクラスで読みました







こもりくんは、
こうもりのこ
だから、はなすことばもさかさまなんです。

おなかがすいた →  おなかいっぱい
楽しい → つまらない

なんていうふうに

この本では、
こふくちゃんを見たこもりくん
かわいい!と思ったのに、
でてきた言葉は・・・


「うわぁ、かわいくない


たまりませんねぇ


この反対言葉!


好きな子にイジワルしちゃうとか
思ってても正直にいえないことって
成長過程の子どもたちにはとってもよくありますよね~

私もなんだかわかるなぁ

学校編もあったり、
シリーズでいっぱい楽しめます

もちろん、
子どもたちオオウケでした


でもね、
意外と読むのは難しかった。
だって、
「かわいくない」を
かわいい~と思って読まないといけないんだもの。

頭つかいます!

      


読む練習していたら、
息子が
股のぞきのかっこして
反対言葉いいはじめました。

ちゃんと逆立ちして言わないとねぇ

といったら、

逆立ちできない・・・

残念!

スポンサーサイト

ふしぎなしゃもじ ~紙芝居~

2013-01-21 (Mon) 12:48[ 編集 ]
3学期、5歳さんの読み聞かせで読みました。



おばあさんが
おだんごをこしらえるのですが、
ころころころがって、
お地蔵さまのところへ。

なんとお地蔵さま、そのおだんご食べちゃいます!
そこへ、鬼がやってきて
めしたきをする人がいなくなったから
ちょうどいい!とおばあさんを
連れて行きます。

そこで、
おばあさんは
ひとかき一万倍に増えるしゃもじをもらい、
日々、めしたきをするのですが、
家にかえりたくなり、
しゃもじをもったまま、逃げ出します。

舟で川をわたるとき、
鬼がおいついてきて、
川の水をのみほそうとするのですが、
しゃもじで
「ひとかき、いちまんばい!」とかくと
水があふれてきて
にげきることができました。

しゃもじをもってきたことにきづきますが、
お地蔵さんにもらっておいたらいいよといわれ
村に持って帰り、
みんなでお腹いっぱい食べました


      


という

ほのぼのした部分があったり、
ドキドキするところがあったりと
昔話の楽しい部分がいっぱいつまったお話です。

私としては
お地蔵さま、おだんご食べちゃう!?という
ところにビックリ

絵もお話もとてもよかったです

子どもたちもすごくひきつけられていました

家で何度か練習したのですが、
息子も一緒に
「ひとかき、一万倍、一万倍!」と
いってました

掛け声もリズムがいいので、子どもたちもひきこまれるのでしょうね~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。