2009年12月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まよなかのだいどころ

2009-12-03 (Thu) 11:43[ 編集 ]




「かいじゅうたちのいるところ」に続き、
こちらもセンダックファンには欠かせない一冊ではないでしょうか?

絵よし、内容よし、日本語訳もとても楽しくて、リズムにのってどんどん読んでしまいます。

「しあげはミルク!しあげはミルク!」」や
「ミルク!ミルク!ミルクがないとあさのケーキがつくれない!」
「ぼくがミルクのなかにいて、ミルクはぼくのなかにある ミルク、ばんざい!ぼく、ばんざい!」
などなど、ほとんどのフレーズがとってもリズミカルで
ふとしたときに、
息子と言い合って楽しんでいます。

息子の頭の中をのぞいたら、この本の中と同じようなこと考えているかもと思ってしまいます。
センダックはすごい!

ミッキーのはだかんぼ姿、かわいいです♪
たしか、この本はこどもの裸を絵本で描くなんて!ということでなかなか認めてもらえなかったと聞いたことがあります。
こんなにかわいいのに~!

息子が3歳の時に購入。ずっとずっと大好きで、寝る前の本によく選ばれています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。