2009年03月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわしくん

2009-03-30 (Mon) 10:43[ 編集 ]
いわしくん
作・絵:菅原 たくや 出版社:文化出版局


アマゾンなどにも、画像がなく、絵本ナビへのリンクをはりました。
画像を見たい方はを見にいってくださいね。

ほとんど言葉もなく、
とってもシンプルな絵本。

ですが、すごいメッセージがこめられています。

命をいただいて私たちは生きている

いわしくんの目をよく見てください。

最後のページの
いわしくんのいきいきした目に
うれしくなります。

いただいた命を無駄にしないようにしたいと、
読むたびに思います。

小さい子どもから大人まで、ちゃんと胸にくる作品です。

ポチしていただけると、うれしいです♪
スポンサーサイト

あおくんときいろちゃん

2009-03-25 (Wed) 10:08[ 編集 ]


この本は息子が私のおなかの中にいるとわかったときに、
息子のために選んだはじめての絵本です。
なので、とても思い入れがあります。

作者が孫のために作ったという作品。
色紙をちぎったようなものがならんでいるだけに見えますが、
とてもすてきなストーリーです。

あおくんときいろちゃんが
仲良しすぎて混ざってみどりになっちゃう。
そして、おうちに帰ったら、
あおくんのパパともママも、きいろちゃんのパパとママも
うちのこじゃないというの。
泣いて泣いて泣いた二人。
するとあおの涙はあおくんに、
きいろの涙はきいろちゃんに。
両親も二人に気づいてくれ、
みんな仲良く遊びました。というお話。

色を並べるだけでこんな深いお話ができるなんて!

この本を先日、
あまり字に興味のない息子が
初めて私に読んで聞かせてくれました。

うれしかった(*^^*)

ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!





おおきくなるっていうことは

2009-03-13 (Fri) 10:33[ 編集 ]


先日息子のお誕生日でした。
子どもにとってお誕生日ってとってもうれしいですよね。

この本にかかれている、
「おおきくなるっていうことは 
あたらしいはがはえてくること、
みずにかおをながくつけられるってこと」
などなどってちょうど息子とピッタリ

一番実感したのは、
「ちいさなひとにやさしくなれるってこと」

なかなか自分より小さい子にうまく応対できなかった息子ですが、
先日遊びにきてくれた友だちの妹に
すごくやさしくおもちゃの使い方を教えている姿を見て、
成長したなぁとうれしく思ったばかりだったからです
ホントおおきくなるってそういうことなんですよね

ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。