2008年10月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにたくさんのおばけがいたら・・・!

2008-10-17 (Fri) 11:10[ 編集 ]
あいうえおばけだぞ




たっくさんある五味太郎さんの絵本の一冊。
"あいうえお"の"あ"~"ん"までの文字で始まる名前のおばけたちが大集合!の絵本です。
「あ」は「あしおばけ」、「い」は「いすおばけ」といった具合です。

だけど、怖いおばけはいなくって、なんだか優しい雰囲気のおばけばかりなので、全然怖くないのです。

毛布漣息子の一番のお気に入りは、もちろん、「もうふおばけ」秊
ねぞうの悪い子を捕まえてくれるありがたいおばけです。毛布がないとねられないくせに、夜中はけっとばすのよねぇ・・・
うちにきてほしい・・・!

ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト

おばけ絵本といったらこの人でしょう!

2008-10-14 (Tue) 00:49[ 編集 ]


日本の絵本でおばけといえば、この方の絵本が一番に浮かびます。

せなけいこさん!

せなけいこさんのたくさんあるおばけシリーズの中で、人生初めて会うであろうおばけ絵本といえば、
『ねないこだれだ』
だと思います。

時計が九時の鐘をならします。
(本では、九つボーンとは書いていませんが、もったいぶって九つ読みます!)
「こんなじかんにおきているのはだれだ?」

夜更かししているとおばけの世界につれていかれてしまうよといった、いわゆる夜寝ない子どものための早くねなさいという話です。

おばけの世界にとんでいけ~閭なんて、子どもにとったらこわ~い内容なんじゃないかなぁと思うけれど、せなけいこさんのあたたかみのある貼り絵で、怖い内容、怖い顔のおばけでも、どこかやさしいものを感じます。
だから、子どもは何度でも読みたがるのではないのでしょうか?

それも、お父さん、お母さんのおひざの上でぬくもりを感じながら、「自分は大丈夫撚」という安心感をもって読むのがいいんですよね~烈

息子にも赤ちゃんのときから、何度もよく読みました。

赤ちゃんが初めて出会う絵本でもあり、絵本好きになるための一冊だと思います。


おばけ絵本№1

2008-10-10 (Fri) 11:43[ 編集 ]
我が家のおばけ絵本№1!

『おばけパーティ』作・絵: ジャック・デュケノワ

おばけのアンリが自分のお城に、友達を招待します。
晩餐会の始まり、始まり~
カクテルから始まっていろいろなお料理が出てきます。
そのたびにあることがおばけたちに起こります。
なんと、お料理を食べるたびにおばけたちの色が変わるのです獵

おばけだから、壁はとおりぬけられるけど、お料理は通り抜けられなかったり・・・けっこう細かいところが楽しい鍊

そして、今夜の特別メニューを食べると・・・
最後にあつあつミルクを飲んで、元通りに戻ります。

それから、なんとこのおばけたち協力して、お片づけまでするんです。すばらし~い!

そして、ふと気がつくと、アンリがいません?
アンリはどこへ?

この絵本のセリフをよく息子とまねしました。
「用意はいいか~い!」「エッヘン!」などなど。
中でも一番使っているのは
もう、アンリってば囹」
(アンリのところに、息子の名前をいれていうんです秊)

裏表紙まで話が続いていて素敵な絵本です。
かわいい絵で、中身もおばけなのに、全然おばけっぽくなくて、おばけや、かぶりもの嫌いの小さい子どもでも大丈夫捻だと思います。
2歳のころに購入しました。


しゃっくりガイコツ

2008-10-10 (Fri) 11:20[ 編集 ]

もうすぐハロウィンということで、おばけものの絵本です。
息子が2歳のころ、おばけものにはまったときに、洋書で購入。
この英語も全然難しくないので、いい感じ鍊

けっこうリアル?なガイコツくんですが、しゃっくりがとまりません。
頭を下にして水をのんだり(ガイコツだから、全部こぼれちゃう嶺)いろいろ真剣に令試してみるのですが(これがどれもおかしい秊)なかなかとまりません。

そこで、友達のおばけくんが・・・囹後は読んでのお楽しみ鍊

内容はすっごく単純だけれど、しゃっくりがとまらないガイコツだなんて、設定がおかしすぎます!また、ガイコツなのに、なんだか困った顔がかわいい!
そして、最後はしゃっくりが逃げていっちゃうんです
読んだ後、私もしゃっくりがうつってきそうな感じ!

息子は何度読んでも、ページをめくるたびに指差して、新鮮に笑ってくれます。
息子のどの友達に読んでも必ず受ける自信のある絵本です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。