世界の昔話 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきなかぶ

2012-10-15 (Mon) 22:47[ 編集 ]
今、おおきなかぶについて、勉強中・・・


佐藤忠良さんの絵のことを調べているのですが、
すごい方のようです。





何がすごいって、

この絵をじっくりみればみるほど、

イメージがどんどんふくらむのです。

そのためのしかけがたくさん!



まず、

表紙から。


本からきれているかぶの絵。

大きさをかんじますよね~



最初のページ

「おじいさんがかぶをうえました」

そのおじいさんの視線が
地面のかぶにあります。

つい見ているほうもつられてかぶに目がいきます

もうこれで
「かぶの話だな!」とばっちりわかります。


次のページでは、
もうかぶが大きくなっています。

昔話の世界では、これが王道。


おじいさん、
こんなに足があがるのか!と思うくらい足上げて
うかれてます


そして、かぶをぬきます。

最初は、はっばを2枚つかんでます。

でもぬけなくて
おばあさんをよんできて
2人でぬくときは
はっぱ一枚だけひっぱています。

というように、
ひっぱりかたというかふんばりかたなどのポーズが
全ページちがうんです!



そして、
一番すごいなぁと思うのは、

おばあさんがまごをよんできたり、
まごが次の動物をよび・・・というそれぞれのシーンの絵

おばあさんがまごをよんできたページでは、
さっき足上げてよろこんでいたおじいさんが
足をなげだしてすわりこんでいるので、
つかれ具合がよーくわかります。
それと、まごは若い!のでおばあさんより先にかけてるのがリアル!


孫がいぬをよんできたページでは、
足をかかえてシュンとしているおじいさんを
見つめるやさしいおばあさんの目!

「だいじょうぶですよ。」とやさしい声がきこえてきそう。


いぬがねこをよんでくるページは、
みんなのグッタリ感がよくわかります。
まごむすめなんて顔まっか!


ねこがねずみをよんでくるページは
みんながかぶをかこんでいます。
「どうしたらぬけるんだろうねぇ」なんて
このページからも声がきこえそう!



それから、みんなでひっぱるページでは
ねこの尻尾を
ねずみが手でひっぱるのではなく、
尻尾をからませてひっぱるのが
現実感がありますね~!



やっとかぶはぬけたページでは、
みんな小躍りしているのがうれしいですね~
そして、よろこんでいる中でも、
ねずみは、はなれたところにいるけれど、
ねこはねずみを狙ってそう!


佐藤忠良さんは
シベリアに抑留されたそうです。
鉛筆や紙がないときも
目でデッサンをしていたとか。

そのロシアをよくしっているということで、
松居直さんが
彫刻家である佐藤さんしか
これは描けないと依頼したとか。

佐藤さんは
かぶをぬくページが
ひっぱるのではなく、おしてるようにみえるのでは
と3度かきなおされたそうです。


あと、この話は、
ロシアの昔話とありますが、
リトアニアとかのロシアの中でも小さな地域が元だとか。
その小さな地域であるリトアニア=ねずみでも、
大きな国であるロシア=かぶを
動かすことができるんだぞ!という
意味がこめられているという話もききました。



などなど
つらつらとかきましたが、
いや~
昔話って
本当に奥が深いです。

このおおきなかぶは
訳も
絵もすばらしすぎて
このペアの本しかよめません。

今回、
絵をじっくり見て
さらによさを実感しました




スポンサーサイト

三びきのやぎのがらがらどん

2011-02-28 (Mon) 16:07[ 編集 ]



これは
昔話の定番中の定番です。

そして、子どもたちに大人気の本です。

息子も
2歳ぐらいから楽しんでいます。

もちろん、
はまりました!

弱いものであるヤギが
強い強いトロールに
小さいヤギは知恵で、
そして、大きいヤギは力で勝つのが
子どもたちにとって
すごく気持ちいいんだろうなと思っていました。


が、
今日、
幼稚園で
絵本の講演会できいてビックリ!


がらがらどん
一人のこどものことで
小→幼年
中→少年
大→青年

をあらわしているそうです。


では、
トロールは・・・?


なんとトロールは



お父さん、お母さん!!!




子どもたちは
親をのりこえて
大きくなっていくのです


ということでした。


えぇ!?

そっかぁ・・・

そういうことだったんだ・・・


私のよみは
まだまだ足りないなぁ
ガツーンときました。


子どもたちは
自然に
そこを
読んでいるのでしょう。

子どもたち
すばらしいよ




ロバのおうじ

2009-11-12 (Thu) 08:55[ 編集 ]


とても、ステキなお話です。絵もすばらしいです。
でも、心躍る話ではありません。
ちょっと心に重く残る絵本です。

我が家では3歳の時に購入しました。
とても長いし、内容も重たいのですが、ちゃんと聞いてくれました。

あまり感情を入れてよまないようにしていても、読んでいるうちに、感情込みこみで読んでしまいます。

私は、息子の心の部分をきちんと見ているかしら?

これを読むたびに、自分に問いかけています。

たなばた

2009-07-07 (Tue) 19:16[ 編集 ]


我が家のあたりは、今年はなんとか晴れています。
おりひめ と うしかい 会えるかな?

初山 滋さんの絵がとてもやさしくてステキな絵本です。

この本では、
おりひめ と うしかいって結婚して子どもがいるんです!!!
一般的に言われているお話とちょっとちがうかな。

また、羽衣の天女のお話と似ている部分もありますが、
北斗七星や
このころに雨がふるわけもよく分かるお話でした。

恥ずかしながら、
百人一首の
「かささぎの渡せる橋におくしもの・・・」
の「かささぎ」は
これだったんだ!!
とようやく気づきました

おだんごぱん

2009-05-15 (Fri) 22:53[ 編集 ]


ずっと気になっていて、ようやく買った本です。
やはり、おもしろい!

こなばこごしごしひっかいて(この表現が楽しいみたいです。)
作ったおだんごぱん。
おじいさん、おばあさんからにげだして、
(どうして、おじいさんたちはおいかけないで、玄関で見送っているんだろう?といつも思います。)
うさぎからも、おおかみからも、くまからもにげだします。
そして、きつねからは・・・?
(きつねの表情がいいんです!)

おだんごぱんのうたが楽しくって、
続けて読んでいるうちに
子どもも覚えて、一緒に言ってくれます。

我が家の息子は、
よくものを落とします。
そして、おだんごぱんのようにころころ転がり、
行方不明になることも・・・!
そのときは、「あぁあ、あれは、おだんごぱんの仲間だったんだ・・・」とあきらめています・・・

ブログランキングに参加しています。
ポチしていただけると、うれしいです♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。