おばけ絵本 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっきらもっきらどおんどん

2009-06-23 (Tue) 08:45[ 編集 ]


おばけ?の話だけれど、すっごく楽しい本です。

遊ぶ順番決めでけんかしたりと
こんなおばけたちなら会いたいと思うほど、
かわいいおばけたち。

けれど、おばけの世界から帰ってこれるのか?
かみかくしの話のようですが、
ちゃんと魔法の言葉で帰ってきます。

ちんぷくまんぷくと覚えたら、
僕も会えるかな?
とめちゃくちゃの歌を覚えていた息子。
私もバッチリ!覚えました。

ブログランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします!



スポンサーサイト

おばけがっこうぞぞぞぐみ

2009-05-13 (Wed) 10:29[ 編集 ]

息子が一時期おばけ好きだったので、
おばけの本と思って購入したのですが、
一年生になる子どもたちに読んであげるといいなという本です。

幼稚園ぐらいでも、ちょっと長いお話でもきけるようになったら
読みたい本です。

おばけの世界でも一年生はドキドキ・・・!
おばけたちもこんな風に修行?して大きくなるのかしら?
と楽しい気持ちになります。

こんなおばけたちなら近くにいてほしいなぁ?!

ブログランキングに参加しています。
ポチしていただけると、うれしいです♪


おばけのてんぷら

2009-02-18 (Wed) 14:27[ 編集 ]
おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
(2005/11)
せな けいこ

商品詳細を見る


この、『おばけのてんぷら』にでてくる、おばけも、うさこもとてもとぼけていて、いいあじを出しています。

てんぷらもとてもおいしそうで、あつあつのてんぷら作りたくなります。

おばけってどんな味なんだろうなぁ・・・

この名作がおでかけサイズで、とっても重宝しています。外にもっていけるいい絵本ってなかなかないので、うれしいです。
でも、もうちょっと字が大きいとうれしいのですが・・・

ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!



こんなにたくさんのおばけがいたら・・・!

2008-10-17 (Fri) 11:10[ 編集 ]
あいうえおばけだぞ




たっくさんある五味太郎さんの絵本の一冊。
"あいうえお"の"あ"~"ん"までの文字で始まる名前のおばけたちが大集合!の絵本です。
「あ」は「あしおばけ」、「い」は「いすおばけ」といった具合です。

だけど、怖いおばけはいなくって、なんだか優しい雰囲気のおばけばかりなので、全然怖くないのです。

毛布漣息子の一番のお気に入りは、もちろん、「もうふおばけ」秊
ねぞうの悪い子を捕まえてくれるありがたいおばけです。毛布がないとねられないくせに、夜中はけっとばすのよねぇ・・・
うちにきてほしい・・・!

ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いします!

おばけ絵本といったらこの人でしょう!

2008-10-14 (Tue) 00:49[ 編集 ]


日本の絵本でおばけといえば、この方の絵本が一番に浮かびます。

せなけいこさん!

せなけいこさんのたくさんあるおばけシリーズの中で、人生初めて会うであろうおばけ絵本といえば、
『ねないこだれだ』
だと思います。

時計が九時の鐘をならします。
(本では、九つボーンとは書いていませんが、もったいぶって九つ読みます!)
「こんなじかんにおきているのはだれだ?」

夜更かししているとおばけの世界につれていかれてしまうよといった、いわゆる夜寝ない子どものための早くねなさいという話です。

おばけの世界にとんでいけ~閭なんて、子どもにとったらこわ~い内容なんじゃないかなぁと思うけれど、せなけいこさんのあたたかみのある貼り絵で、怖い内容、怖い顔のおばけでも、どこかやさしいものを感じます。
だから、子どもは何度でも読みたがるのではないのでしょうか?

それも、お父さん、お母さんのおひざの上でぬくもりを感じながら、「自分は大丈夫撚」という安心感をもって読むのがいいんですよね~烈

息子にも赤ちゃんのときから、何度もよく読みました。

赤ちゃんが初めて出会う絵本でもあり、絵本好きになるための一冊だと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。